労務相談関連

割増賃金の基礎から除外できる手当は定められている  会社は、従業員に時間外労働、休日労働、深夜労働を行わせた場合には、割増賃金を支払わなければなりません。  割 ...

人事労務ニュース

 賃金については、都道府県ごとにその最低額(最低賃金)が定められており、企業はその額以上の賃金を労働者に支払うことが義務付けられています。  この最低賃金には、 ...

トピックス

監督指導による賃金不払残業是正結果(H30年度)公表  先日、厚生労働省より労働基準監督署の監督指導による賃金不払残業の是正結果(2018年度分)が公表されまし ...

労務相談関連

2019年度の最低賃金も大幅な引上げ  先日、厚生労働省からすべての都道府県で2019年10月以降の地域別最低賃金の改定額が答申された旨の発表があり、2019年 ...

法律改正情報

2019年7月1日に検討会報告書公表  厚生労働省の賃金等請求権の消滅時効の在り方に関する検討会は、2019年7月1日、報告書を公表しました。  この報告書は、 ...

人事労務ニュース

賃金水準は初任給を中心に相場は意識しておきたい  新卒に限らず採用を行う際、求人票やホームページの採用サイトに初任給を記載しますが、賃金面が他社と比べ低いことで ...

トピックス

今秋から70歳まで働ける環境整備に向けた検討開始  政府は、未来投資会議と経済財政諮問会議で高齢者が希望すれば原則70歳まで働ける環境整備に向けた検討を、今秋か ...

人事労務ニュース

平成30年(2018年)度の地域別最低賃金は過去最大アップ全国平均874円  最低賃金制度は、最低賃金法に基づいて国が賃金の最低限度を定め、企業はその額以上の賃 ...

人事労務ニュース

女性の賃金で正社員と非正社員の差は拡大  厚生労働省は2月下旬、2017年の「賃金構造基本統計調査」を発表しました。  調査は従業員10人以上が働く全国約5万事 ...

トピックス

定年後再雇用賃金を25%相当に減額は不法行為との認定  北九州市の食品会社が定年を迎える社員に、再雇用(継続雇用)の条件として賃金を25%相当に減らす提案をした ...

トピックス

賃金の過払い原因には悪質なケースも  従業員に賃金を支払った時、賃上げ率や労働時間の計算ミスなどが原因で、本来よりも多く賃金を支払ってしまう「過払い賃金」の問題 ...

トピックス

厚労省公表「賃金構造基本統計調査(初任給)」結果から  新卒の採用を行うときに初任給は重要な要素のひとつであることから、その相場は意識しておきたいところです。そ ...

人事労務ニュース

◆監督指導結果の発表  厚生労働省は、時間外労働等に対する割増賃金を支払っていない企業に対して労働基準法違反で是正指導した結果(平成28年度分)を取りまとめ、公 ...

人事労務ニュース,法律改正情報

 最低賃金制度は、最低賃金法に基づいて国が賃金の最低限度を定め、企業はその額以上の賃金を従業員へ支払わなければならないとする制度です。最低賃金には、都道府県ごと ...

助成金

 昨年、政府の「働き方改革実現会議」で同一労働同一賃金が議論され、2016年12月20日に「同一労働同一賃金ガイドライン案」(以下、「ガイドライン案」という)が ...

人事労務ニュース

 毎年7月1日から7月10日は社会保険の定時決定の手続きを行う必要があります。この定時決定は、「健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届」という届出の名 ...

労務相談関連

厚生労働省は、平成26年度の地域別最低賃金(時給)の全国の加重平均額が、前年度比16円増(25年度は15円増)の780円になったと発表しました。最低賃金が前年対 ...

人事労務ニュース,法律改正情報

厚生労働省は、平成25年度の地域別最低賃金(時給)の全国の加重平均額が、前年度比15円増(24年度は12円増)の764円になったと発表しました。15円の引き上げ ...

法律改正情報

 最低賃金(時給)の今年度の引き上げ額が全都道府県で10日までに決まりました。  全国平均は昨年度より12円増の749円でした。  生活保護水準を下回る「逆転現 ...

法律改正情報

最低賃金法が平成20年7月に改正施行されます。最低賃金法制度は、国が賃金の最低限度を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないとさ ...