菅野労務FP事務所ブログ

平成30年度 民間企業障害者雇用状況~厚生労働省集計結果

平成30年度の民間企業の障害者雇用状況~厚生労働省集計結果

雇用障害者数、実雇用率が過去最高を更新

 厚生労働省は、平成30年度6月時点の民間企業の障害者雇用状況を公表しました。
 集計結果によると、民間企業で雇用されている障害者数は53万4,769.5人(短時間労働者は0.5人で計算、前年より3万8,974.5人増加)で、15年連続で過去最高を更新しました。

 また、実雇用率は2.05%(前年比0.08ポイント増)で、7年連続で過去最高を更新しましたが、法定雇用率(2.2%)を達成した企業の割合は45.9%(前年比4.1ポイント減)でした。

 なお、平成30年4月施行の改正障害者雇用促進法により、民間企業の障害者雇用の対象が従業員数「50人以上→45.5人以上」、法定雇用率が「2.0%→2.2%」に拡大され、算定の対象に「精神障害者」が追加されました。

障害種別、企業規模別の状況

 障害種別にみると、身体障害者は34万6,208人(前年比3.8%増)、知的障害者は12万1,166.5人(同7.9%増)、精神障害者は6万7,395人(同34.7%増)でした。
 特に精神障害者の雇用者数が大幅に伸びています。

 また、企業規模別にみても、45.5人~50人未満、50人~100人未満、100人~300人未満、500人~1,000人未満、1000人以上、すべての企業規模区分で障害者雇用者数が前年より増加しました。

 しかしながら、企業規模別の実雇用率は、全体の実雇用率(2.05%)に到達している企業は500人~1,000人未満、1,000人以上規模以上の企業規模のみとなっています。
 法定雇用率達成企業の割合も、すべての企業規模区分で前年より減少となりました。

法定雇用率未達成企業の状況

 法定雇用率の未達成企業は5万4,369社(全体の54.1%)でした。
 また、そのうちの64.0%は不足数が0.5人または1人である1人不足企業でした。
 さらに、障害者を1人も雇用していない障害者雇用ゼロ企業は3万1,439社で、未達成企業に占める割合は57.8%と6割近くを占めています。

 現在、法定雇用率未達成企業には、法定雇用率に対し不足する障害者1人につき月5万円の障害者雇用納付金の納付を義務付けています。
 また、法定雇用率は、令和3(2021)年4月までにさらに「2.3%」への引上げが予定されています。企業の障害者雇用に関する関心はますます高まっていきそうです。

参考リンク

厚生労働省:平成30年 障害者雇用状況の集計結果
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_04359.html

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

人事・賃金・退職金・労務コンサルはおまかせください。

菅野労務FP事務所へのお問い合わせは

0299-56-4865まで

Return Top