菅野労務FP事務所ブログ

2018年10月1日より雇用関係助成金の郵送受付開始

2018年10月1日より雇用関係助成金の郵送受付開始

窓口に出向いて書類を提出・申請が原則から郵送可能に

 厚生労働省が管轄となる雇用関係の助成金は、申請先の窓口に出向いて書類を提出、申請することが原則でしたが、提出方法に関し、2018年10月1日から関係書類を郵送で受け付けることが発表されています。

 公開された情報によると、郵送に当たって以下の注意事項が示されています。

郵送に当たっての注意事項

  • 郵送事故の防止ため、簡易書留等、必ず配達記録が残る方法で郵送すること。
  • 郵送の場合、申請期限までに到達していることが必要であること。
  • 書類の不備や記入漏れがないよう、事前によく確認すること。

 助成金申請窓口での持参による受付も引続き行っているため、初めて助成金を申請する場合など、計画書や申請書の作成方法等が不明な場合には窓口への来所を推奨しています。

 書類の不備または補正すべき内容があった場合には、相当な期間を定めて提出または補正が求められることになりますが、これは従前の通りです。

 続けて、厚生労働省から公表された内容を引用します。リーフレットのダウンロード先はその下部で確認ください。

雇用関係助成金の郵送受付開始のリーフレット内容

 雇用関係助成金の計画書や申請書類等の受付について、事業主の皆さまの利便性向上のため、郵送による受付を開始することとしました。

郵送に当たってのご注意

  • 郵送事故の防止のため、簡易書留等、必ず配達記録が残る方法で郵送してください。
  • 郵送の場合、申請期限までに到達していることが必要です。
  • 書類の不備や記入漏れがないよう、事前によくご確認ください。
  • ※原則として、提出された書類により審査を行います。

 書類の不備又は補正すべき内容があった場合、都道府県労働局長又は(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長が相当な期間を定めて提出又は補正を求めます。
 それでも提出又は補正がない場合は、1か月以内を期限に補正を求める書面を発出します。
 当該期限までに提出又は補正がない場合は、不支給となりますのでご注意ください。

  • 助成金申請窓ロでのご持参による受付も引き続き行っています。初めて助成金を申請する場合など、計画書や申請書の作成方法等が不明な場合は、窓ロにお越しください。
  • 郵送先につきましては、厚生労働省ホームページに掲載している「雇用関係助成金郵送受付窓ロー覧」をご参照ください。

厚生労働省のホームページから引用

  • 平成30年10月1日から「雇用関係助成金」関連書類の郵送受付を開始します。
    ※別添リーフレット中の「雇用関係助成金郵送受付窓口一覧」は追って掲載いたします。
  • 生産性を向上させた企業は助成金が割増されることがあります。
  • 「労働条件等関係助成金」については各助成金のホームページをご覧ください。
  • 厚生労働省の関与を誤解させる表現を用いた助成金に関する勧誘に御注意ください。

 助成金の申請や、助成対象の診断及び受給額の無料査定をするといった記載内容の書面を送付し、勧誘しているとの情報が寄せられました。
 厚生労働省では、この勧誘に関与しているという事実はありませんので、十分に御注意ください。

参考リンク

雇用関係助成金の関係書類郵送受付のリーフレット
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000348647.pdf

厚生労働省「事業主の方のための雇用関係助成金」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/index.html

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。

【PR】茨城県で社会保険労務士をお探しなら菅野労務事務所へ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

人事・賃金・退職金・労務コンサルはおまかせください。

菅野労務FP事務所へのお問い合わせは

0299-56-4865まで

Return Top