菅野労務FP事務所ブログ

投稿記事一覧

過去の投稿記事の時系列一覧です。

2019年(令和元年)版雇用関係助成金パンフレット公開開始
年次有給休暇管理簿を作成する際の留意点
一般化するリファラル採用とインセンティブ支給留意点
定年再雇用時等に社会保険料負担を軽減できる同日得喪手続
「健康情報取扱規程」2019年4月策定義務化対応へ雛形完成
2019.4月から電子メール等での労働条件明示が可能に
厚生労働省提供開始「WEB就業規則作成支援ツール」
長時間労働につながる商慣行の実態~中小企業庁調査から
パートが年次有給休暇取得した際の賃金支払い留意点
雇用関係助成金の不正受給対策強化ショックと対応
障がい者雇用をめぐる最近の動き
産業医に提供が求められる従業員の健康管理等に必要な情報
厚労省が裁量労働制の不適切運用企業を公表へ
確認しておきたい平成31年(2019年)度の社会保険料率
人手不足問題への対応、どうしますか?
産休中の社会保険料免除と期間の変更手続き
外国人労働者が約146万人に~厚労省届出状況
医師の面接指導対象拡大と求められる労働時間状況適正把握
厚生労働省 不正統計調査対応のスケジュールが明らかに
2019年4月より簡素化される一括有期事業の事務手続き
組合数は減少、組合員数はパート労働者で大幅増加~厚労省基礎調査
ハローワーク求人不受理の職安法改正内容が固まる
従業員が退職するときの申出時期と年次有給休暇の取得
「働き方改革関連法」実際の認知度はまだ低い?~日商・東商調査
2019年1月より変更となった労働者死傷病報告の様式
裁量労働制不適正運用企業名を公表するルール新設
「過半数代表」に注意!~労働政策研究・研修機構調査より
被扶養者資格再確認結果とこれからの推奨取組事項
「勤務間インターバル制度」普及率10%目標~厚労省報告書
年5日の年次有給休暇取得義務に向けた実務上注意点
平成30年「高年齢者の雇用状況」集計結果より
厳格化される協定等の過半数代表者を選任する際の注意点
厚生労働省が生活習慣病の予防策を強化
「過重労働解消相談ダイヤル」内容は長時間・過重労働が4割
厚生労働省「毎月勤労統計」不適切手法調査の驚きの影響
悪質なクレームはハラスメント! 企業向け対策指針策定へ
平成30年(2018年)の大卒初任給は206,700円
2019年度からの社会保障改革の原案が明らかに
2019年4月スタートの時間外労働上限規制への実務対応
定年延長の導入状況と課題
厚労省「スタートアップ労働条件(簡易診断)」サイト開設
マイナポータルで作成可能となった就労証明書(2019.10.1~
パワハラ防止対策、厚生労働省は法制化を検討
割増賃金率記載と近年行われた法改正の就業規則の整備
外国人労働者受け入れ拡大で社会保険制度はどう変わる?
育児短時間勤務制度を導入・運用する際のポイント
「平成30年版過労死等防止対策白書」のポイント
増加の一途をたどる65歳以上の常用労働者
新卒者が3年以内で退職する割合は高卒で4割、大卒で3割
裁判員候補者名簿登録者への通知 2018年11月14日発送

続きを見る

人事・賃金・退職金・労務コンサルはおまかせください。

菅野労務FP事務所へのお問い合わせは

0299-56-4865まで

Return Top