イメージ画像

年金セミナー講師と年金相談ならお任せください

 年金セミナーの講師を物色されていることかと存じます。

 セミナー講師は間違えてしまうと、聞いている方の時間を無駄にしてしまいます。

 開催させていただくたびに好評をいただきます、当社代表のセミナー講師をご案内いたします。

生保保険会社に12年勤続、社労士でCFPだからこそ

 前職の生命保険会社時代は営業所長として6年間任にあたりました。

 その後独立して、社会保険労務士業や経営コンサルを行っておりますが、これまでの様々な体験は、実地でのリアルなイメージをベースにセミナーを展開してまいります。

 年金に関しましては、茨城県石岡市で市長の依頼を受けて、年金相談員として活動した期間もあり、かなり面白い話ができようかと存じます。

 青年会議所メンバーを相手に200名超が参加した会場で講師を務めたり、30名程度であれば、商工会議所や商工会、銀行、各生命保険会社や損害保険会社主催のセミナー講師を良く承ります。

6年間に亘り毎日45分以上の朝礼を実施していた話術

 生命保険会社・営業所長時代に毎日45分の朝礼を実施していた、その話術をとくとご堪能下さい。

 それは、聞いた方々の納得感が高まるお姿で実感できることでしょう。

 セミナー講師は代表の菅野が承りますので、スケジュール調整は個別にお願いします。

過去の年金セミナーの内容

 過去に開催した年金講師の内容をお題だけお伝えします。

公的年金の基礎知識

  1. 公的年金の特徴
    • 給付面
    • 老齢給付
    • 障害給付
    • 遺族給付
  2. 運用面
    • 社会保険方式
    • 税方式
    • 自助努力、共助、公助
    • 積立方式、賦課方式
  3. 保険料負担
    • 国民年金の保険料
    • 全額免除
    • 半額免除
    • 厚生年金の保険料
  4. 国民年金と厚生年金の違い
    • 国民年金:個人単位、定額保険料、定額給付(払込年数に比例)
    • 厚生年金:世帯単位、報酬比例
    • 厚生年金(共済)
  5. 3の被保険者区分
    • 第1号被保険者:その他(自営業等)
    • 第2号被保険者:厚生年金・共済加入者
    • 第3号被保険者:第2号被保険者の被扶養配偶者
  6. 年金額の調べ方
    • 年金額簡易試算(どなたでもご利用できます)
    • 年金見込額試算受付(55歳以上の方がご利用できます)
    • 年金加入記録、年金見込み額お知らせサービス(昭和21年1月2日以降に生まれた方が対象)

重要な届出・手続き

  1. 被保険者区分の変更
  2. 年金番号重複の確認
  3. 裁定請求(実際に年金の請求をするときの手続)
  4. 年金請求の手続きは裁定請求書で
  5. 請求がおくれても5年前まで支給
  6. 添付書類は請求者により異なる
  7. 受給手続はどこにするか
  8. 手続が終わると年金証書や振込み通知書が届きます

年金制度の今度の展望

  • 今後の世代の受給額を減らして、かつ現役世代の保険料を上げる、それを段階的に行う
  • 積立金の用途お金がどこにいくらいったのか、明らかにしてきちんと戻す
  • 過去の債務をどのように返すか
  • ツケを若い世代に順送り、積立金で返す、既得権者の減額、高齢者を含む全部の世代で返す

年金改革法案

  • 現行制度を前提にした改革の方向性
  • 給付を減らす、保険料を増やす、支え手を増やす、わかりやすくする
  • 世代間の不公平感解消→若い世代は払い込んだ分ももらえない
  • 第3号被保険者の範囲縮小の方向性
  • 第2号 労働時間がフルタイムの4分の3、現行の130万円の適用を下げる、20時間
  • 第3号 年収130万円未満を下げる、85万円?
  • 支え手を増やす(労働人口を確保する)
  • 高齢者・女性が働きやすい社会、総人口が減少しても労働人口は減少しないようにする
  • 不信感解消

制度改革の方向性

  1. 高度成長を前提として作ったシステム
  2. いかにゼロ成長経済でも持続可能なシステムに移行させるか
  3. 国はどこまでの領分を担うべきか
  4. 国民と企業の負担を増やすことの影響

制度一元化論

  1. 職業を問わず、収入に応じて保険料を払う
  2. 払った保険料に応じて給付受ける
  3. 低所得者層・最低保障年金を、税金を財源に補足する
  4. 所得比例負担を求めるには所得を性格に把握する必要がある
  5. 自営業者には事業主負担がないので、それをどのようにして公平さを保つか
  6. 他の社会保障制度全体とのバランス(健康保険や介護保険など)も考慮

セカンドライフプランと資金運用セオリー

  • 資金三分法 ~ 資金を短期・中期・長期に分けて運用する

 上手に財産を形成して、防衛を図ってください。自助努力の時代は必至です。

価格

格安・激安な年金セミナー料金

ただし、組織の規模や事情に応じ、ご相談させていただきます。

個人(サークルや交流会など)については、別途設定させていただきます。

資料はオリジナルです

 当日用意する資料は、基本的な骨組みは仕上がっておりますが、時事問題等を踏まえ、時宜に適したオリジナルを大切にしております。

 常にオリジナルな資料をご用意します。

 基本的に、料金に資料制作費は込んでおりますが、あまりに手がかかる場合は製作費用を相談させてください。

今までのセミナー講師実績

 恐れ入ります。急ぎまとめ中です。

お問い合わせ


このページの先頭へ