助成金・補助金のコンサルや実務サポートを万全に実施し経営を応援します

助成金の導入事例

社会保険労務士を導入して成功している事例の紹介をいたします。

助成金・補助金を有効活用できる会社は上手に会社を伸ばしています。

導入事例《1》

 会社を設立して、社員を雇用する際の助成金について、ご相談をお受けいたしました。

 そこで、新規に設立した会社が人材を雇用する際の助成金制度をご提案し、採用後、申請、受給までのサポートを行いました。

 その結果、年間給与の4分の1の助成金を受け取ることが出来ました。

社長の声

 ◎ 自会社設立をおこなった1年間は、非常に資金繰りが苦しい時期で、本当に助かりました。有難うございました。

導入事例《2》

 若い社員が多く、成長のスピードの違いが顕著になってきっている。
 今後の社員教育の方針についてもどのようにしていくべきか悩んでいる。

 とのご相談をお受けいたしました。

 そこで、社員全員を対象に人材診断を実施しました。

 各社員の特性(短所・長所)などを分析し、その分析を基に組織やグループの再編を行いました。

社長の声

 ◎ 社員が自信をもって、自分の個性を主張するようになりました。

導入事例《3》

 現在の社員の給与が適正なのかどうかよくわからないとのご相談を頂戴いたしました。

 そこで、同業種、あるいは職務によって一般的な給与水準のテーブルをご提供いたしました。

社長の声

 ◎ 今後の社員募集や昇給・昇格の大きな目安となりました。

導入事例《4》

 60歳以上の社員を10名ほど、雇用している。
 体力的に業務に支障がないようであれば継続的に雇用したいが、会社の状況としては、人件費を削れるものなら削りたい。

 とご相談をお受けいたしました。

 そこで、国の政策である「雇用継続助成金」のご提案を行い、助成金を国から受け取ることで、会社のコスト削減と従業員の手取りの現状維持を同時に実現いたしました。

社長の声

 ◎ 助成金の活用で削減できたコストで若手社員を雇用することが出来ました。


このページの先頭へ